• HOME
  • 相続人間で揉めた場合

相続人間で揉めた場合

相続手続きが開始すると、一度は相続人全員が共同で財産を相続した形となります。
 
共同で相続した財産を、相続人間で分割することを「遺産分割」と言います。
 
この遺産分割は、主に相続人同士による話し合い「遺産分割協議」によって、誰がどの財産を相続するかを決め、「遺産分割協議書」を作成します。
 
しかし、相続人間のトラブルによって、この遺産分割協議が話し合いのみではまとまらないことがあります。
 
そんな時には、家庭裁判所に対して「遺産分割調停」を申し立てることが出来ます。